猫 緑内障

   
  

猫の病気

緑内障

  

    猫と共に生活〜TOP > 猫の病気と症状 > 猫の病気と症状@ > 緑内障













    





猫の病気 

   「緑内障」 



病気緑内障、は眼球の房水という液体が循環されず、

うまく排泄出来なくなり、猫の眼圧が高くなる事で視神経に影響がおよび、

猫の視野が狭くなってしまう病気です。


猫の病気の緑内障は猫の場合、外傷によることが主な原因になりますが、

緑内障はブドウ膜炎などの二次的な病気になることがあります。


猫がブドウ膜炎になると、フィブリンと言う繊維状の物質が

出てきて目が濁ってきますが、

このフィブリンが詰まり、

房水の循環を妨げてしまい緑内障を引き起こします。


猫の病気の緑内障は進行が早いのが特徴で、目の周辺の外傷により、

猫の目が真っ赤になっている時点で、

適切な処置をしないと手遅れになります。


猫の病気の緑内障の治療は、点眼と飲み薬で内科療法を行いますが、

猫の緑内障は手術をする場合もあります。


猫の緑内障が進むと、やがて牛の目のように眼球が大きくなり、

牛眼という症状になります。牛眼は痛みも伴いますので、

病気の症状が進むと、手術により猫の眼球の摘出ということもあります。







                 ◆ リンク集

                  ・ リンク集猫1  
                  ・ リンク集猫2  
                  ・ リンク集猫3  
                  ・ リンク集猫4  
                  ・ リンク集猫5  
                  ・ リンク集猫6  
                  ・ リンク集猫7  



免責事項
当サイトは、いかなる責任も負いません。
自己責任でお願い致します。

http://www.7kaay.com/4.1-11nekonobyouki.html
緑内障


Copyright (C) 猫と共に生活 All Rights Reserved