猫 角膜潰瘍

   
  

猫の病気

角膜潰瘍

  

    猫と共に生活〜TOP > 猫の病気と症状 > 猫の病気と症状@ > 角膜潰瘍













    





猫の病気 

   「角膜潰瘍」  



病気角膜潰瘍は、猫の角膜に潰瘍がおきた状態。


猫の病気の角膜潰瘍になると、痛みがひどくなり、光が刺激となり、

猫が目を開けていられないほどになります。


猫が光をまぶしがり、涙があふれてる場合は、

早急に獣医さんの診察を受けてください。


猫の病気の角膜潰瘍は角膜がやぶれ眼球がいたみ、

猫の目がつぶれてしまう可能性があります。

こうなると、もう猫の目はもとに戻りません。


猫の病気の角膜潰瘍は潰瘍の状態から角膜が破れるまで、

4〜5日と早い場合もありますので、

出来るだけ早く獣医さんの診察を受けましょう。


猫の病気の角膜潰瘍は、症状が軽い場合は抗生物質などの投与や、

目薬の点眼などですみますが、

猫の潰瘍が深くなると手術が必要になります。


早期治療を心がけましょう。







                 ◆ リンク集

                  ・ リンク集猫1  
                  ・ リンク集猫2  
                  ・ リンク集猫3  
                  ・ リンク集猫4  
                  ・ リンク集猫5  
                  ・ リンク集猫6  
                  ・ リンク集猫7  



免責事項
当サイトは、いかなる責任も負いません。
自己責任でお願い致します。

http://www.7kaay.com/4.1-8nekonobyouki.html
角膜潰瘍


Copyright (C) 猫と共に生活 All Rights Reserved