猫 瞬膜突出

   
  

猫の病気

瞬膜突出

  

    猫と共に生活〜TOP > 猫の病気と症状 > 猫の病気と症状@ > 瞬膜突出













    





猫の病気  

   「瞬膜突出」 



病気瞬膜突出は、瞬膜が出たままの状態をいいます。


猫の目を覆う白い幕のようなものを瞬膜と言います。

普段は奥に引っ込んでいますが、異物が目に入りそうになると

一瞬で目を覆い、猫の眼球、主に角膜を保護します。

普段は引っ込んだ状態のままですが、

猫の病気の瞬膜突出は、この瞬膜が出たままの状態になります。


瞬膜突出の原因の一つとして、猫同士のケンカによる眼球の外傷で、

猫の目が傷つき痛み、目を開けていられないときに、

瞬膜が出てきて、猫の目を保護します。


猫の病気の瞬膜突出の他の原因としては、消化器官の寄生虫の寄生や、

下痢などの消耗性の病気で出てくる場合もあります。

また猫の病気の瞬膜突出は、交感神経や副交感神経などの

神経性の病気のときもなります。


猫の神経性の病気(ホルネルシンドローム)では、

交感神経の麻痺により、猫の左右の瞳孔の大きさが違ってきて、

猫の片方の目の上まぶたが垂れ下がり瞬膜が突出ます。


診断で消耗性の病気の場合は、その猫の病気の治療を進めていき、

そうでない場合は神経性の病気が疑われ、

治療法としては亢神経薬のビタミンB1、B6、B12を猫に投与します。


猫の病気の瞬膜突出は、ビタミンの投与で完治するわけではありません。

神経性の病気で出た瞬膜の場合は、戻るのにかなり時間がかかります。

猫の病気の瞬膜突出は、瞬膜を切除する方法もあります。







                 ◆ リンク集

                  ・ リンク集猫1  
                  ・ リンク集猫2  
                  ・ リンク集猫3  
                  ・ リンク集猫4  
                  ・ リンク集猫5  
                  ・ リンク集猫6  
                  ・ リンク集猫7  



免責事項
当サイトは、いかなる責任も負いません。
自己責任でお願い致します。

http://www.7kaay.com/4.1-9nekonobyouki.html
瞬膜突出


Copyright (C) 猫と共に生活 All Rights Reserved